サイトメニュー

表情じわを改善

医者と看護師

エラのはりがなくなり小顔形成に便利

ボトックス治療を受ける場合、インターネットなどを利用して予約することが可能です。予約できると当日受付スタッフが対応してくれたり、事前に医師によるカウンセリングを受けたりすることができます。問診票を書き込んだり、カウンセリングにおいて肌の悩みなどを相談したりすることができるでしょう。カウンセリングにおいてお肌の状態をチェックするため、メイクルームで洗顔することが多いです。クリニックによってはメイク落としやクリーム、フェイスタオルやヘアバンドが準備されているので便利です。気軽にお肌の悩みやご不安について相談することができ、タブレットや鏡を使って施術方法やスケジュール・ダウンタイムなどについて説明を受けることが可能です。施術した後の日常生活での注意点や、ボトックスの効果を把握することができます。ボトックスの準備を行いますが、患者一人ひとりに応じて注入量や部位が異なるので、微調整を行いながら適切な量を準備します。施術室に移動し、ゆっくり優しくボトックス注射を利用することが可能です。痛みが少なくエラの部位など適切な深さで注射していきますが、もし痛みがあったら遠慮なく相談することができます。注入が終わるとメイクルームに移動し、注入した部位以外については化粧水やメイクを行っても大丈夫です。早い人では3日後ぐらいに効果を実感することができ、遅くとも1週間後には注入した部位に変化が現れます。短時間で施術が完了するので仕事帰りに利用する人も多く、幅広い世代の人が利用している人気の施術です。
ボトックスはいろいろな治療に使われている薬剤で、美容分野においてしわ治療などに使われています。厚生労働省の認可を受けており、アメリカFDAからも認可を得ているので安心・安全です。ボツリヌス菌から産生されるA型ボツリヌス毒素を有効成分にしていて、主にしわ治療の注入材として有名です。顔にあるしわに注入すると筋肉の動きが抑えられ、一定期間表情じわを改善することができるでしょう。筋肉に直接注入するのですが、その際ゆっくり痛みがないよう施術してくれます。エラの張りが気になる人にもおすすめの施術で、ハリの原因が筋肉なら張り出しているエラの筋肉に注入すると有効成分が少しずつ筋肉を萎縮することが可能です。結果的にエラのはりが小さくなり、小顔に仕上げることができます。注入する時間は10分ぐらいで、麻酔クリームや麻酔テープを利用することもあります。事前に行われる医師とのカウンセリングの時間を含めるとだいたい30分〜1時間ぐらいで終わります。個人差がありますが3日〜7日で効果を実感することが可能です。定期的なメンテナンスを行うことによって、形状を維持することができます。特に2回目以降は1回目よりも効果が長続きするケースが多く、1回目の注入によって筋肉が動かなくなったりしわができにくい状態になっているので、2回目や3回目になるとより実感することが可能です。中には1回目のボトックス注入から効果を感じる人もいて、コンプレックスを解消することができたり、若々しい印象に仕上げることができます。

Copyright© 2019 美容整形によって様々な悩みを簡単に解決できる All Rights Reserved.